第2の愛人、20年前から使用…ASKA報道連発の裏事情

公開日: 更新日:

「20年以上前からMDMAを使用していた」

 覚醒剤使用の罪などで起訴されたASKA被告(56=本名宮崎重明)が、そう供述していたことが分かった。ミリオンセラーの「SAY YES」などヒット曲を連発していた絶頂期からクスリに頼っていたというわけだ。昔からクスリまみれとは、信じていたファンもガッカリだろう。

 そのうえ、ASKAとともに起訴された栩内香澄美被告(37)とは別の“愛人”もいて、一緒に覚醒剤を使っていたとも報じられた。

「別の愛人は30代の一般女性で、音楽関係の仕事をしている。警察の任意の取り調べに『ASKAに勧められて覚醒剤を使用した』と証言しているそうです。そう証言することと引き換えに、書類送検で済ませるという司法取引まであったと、まことしやかにささやかれている。知らぬ存ぜぬで無罪を主張している栩内サイドを揺さぶるための当局のリークともっぱらで、栩内被告だけが覚醒剤とは知らなかったというのは不自然だとアピールしたいわけです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る