第2の愛人、20年前から使用…ASKA報道連発の裏事情

公開日:  更新日:

「20年以上前からMDMAを使用していた」

 覚醒剤使用の罪などで起訴されたASKA被告(56=本名宮崎重明)が、そう供述していたことが分かった。ミリオンセラーの「SAY YES」などヒット曲を連発していた絶頂期からクスリに頼っていたというわけだ。昔からクスリまみれとは、信じていたファンもガッカリだろう。

 そのうえ、ASKAとともに起訴された栩内香澄美被告(37)とは別の“愛人”もいて、一緒に覚醒剤を使っていたとも報じられた。

「別の愛人は30代の一般女性で、音楽関係の仕事をしている。警察の任意の取り調べに『ASKAに勧められて覚醒剤を使用した』と証言しているそうです。そう証言することと引き換えに、書類送検で済ませるという司法取引まであったと、まことしやかにささやかれている。知らぬ存ぜぬで無罪を主張している栩内サイドを揺さぶるための当局のリークともっぱらで、栩内被告だけが覚醒剤とは知らなかったというのは不自然だとアピールしたいわけです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る