第2の愛人、20年前から使用…ASKA報道連発の裏事情

公開日: 更新日:

「20年以上前からMDMAを使用していた」

 覚醒剤使用の罪などで起訴されたASKA被告(56=本名宮崎重明)が、そう供述していたことが分かった。ミリオンセラーの「SAY YES」などヒット曲を連発していた絶頂期からクスリに頼っていたというわけだ。昔からクスリまみれとは、信じていたファンもガッカリだろう。

 そのうえ、ASKAとともに起訴された栩内香澄美被告(37)とは別の“愛人”もいて、一緒に覚醒剤を使っていたとも報じられた。

「別の愛人は30代の一般女性で、音楽関係の仕事をしている。警察の任意の取り調べに『ASKAに勧められて覚醒剤を使用した』と証言しているそうです。そう証言することと引き換えに、書類送検で済ませるという司法取引まであったと、まことしやかにささやかれている。知らぬ存ぜぬで無罪を主張している栩内サイドを揺さぶるための当局のリークともっぱらで、栩内被告だけが覚醒剤とは知らなかったというのは不自然だとアピールしたいわけです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る