ヤクの売人は意外にも…ASKAが最後に頼った男の“正体”

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反(使用)の罪で起訴されたASKA被告(56=本名・宮崎重明)にMDMAを売り渡したとして、21日、無職の柳生雅由容疑者(64)と指定暴力団住吉会系傘下の組幹部の安成貴彦容疑者(47)が警視庁に逮捕された。ASKAは「柳生容疑者なら手に入ると思った」と供述していて、柳生容疑者を通して、覚醒剤を購入していたとみられている。

「ASKAは柳生容疑者と20年来の付き合いで、1年以上前から柳生容疑者を通じて複数回、薬物を購入していた。柳生容疑者は以前、風俗店の営業に携わっていたこともあり、歌舞伎町を拠点にして、『新宿の薬局』と呼ばれている安成の組織と親しかったとみられています」(捜査事情通)

 柳生容疑者は末端価格より10万円も高く、ASKAに覚醒剤を売りつけていた。相当の手数料を取っていただろうから、いい暮らしをしているかと思いきや、住んでいたのは新宿区内の家賃6万円程度のアパートだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る