ヤクの売人は意外にも…ASKAが最後に頼った男の“正体”

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反(使用)の罪で起訴されたASKA被告(56=本名・宮崎重明)にMDMAを売り渡したとして、21日、無職の柳生雅由容疑者(64)と指定暴力団住吉会系傘下の組幹部の安成貴彦容疑者(47)が警視庁に逮捕された。ASKAは「柳生容疑者なら手に入ると思った」と供述していて、柳生容疑者を通して、覚醒剤を購入していたとみられている。

「ASKAは柳生容疑者と20年来の付き合いで、1年以上前から柳生容疑者を通じて複数回、薬物を購入していた。柳生容疑者は以前、風俗店の営業に携わっていたこともあり、歌舞伎町を拠点にして、『新宿の薬局』と呼ばれている安成の組織と親しかったとみられています」(捜査事情通)

 柳生容疑者は末端価格より10万円も高く、ASKAに覚醒剤を売りつけていた。相当の手数料を取っていただろうから、いい暮らしをしているかと思いきや、住んでいたのは新宿区内の家賃6万円程度のアパートだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る