別れた夫と「毎日…」 遠野なぎこは“いい夫婦生まれ”の年女

公開日: 更新日:

 昨年夏、2度目の離婚をした遠野なぎこ。芸能界最短記録の「55日離婚」に世間は呆れ顔だったが、その後もバラエティー番組では自身のエキセントリックな結婚観や恋愛観をぶっちゃけまくっている。

 何しろ、別れたはずの夫とは「離婚したのに一緒に暮らしていて、結婚していた時より大好き」「離婚して恋人になった」「(戸籍上は)離婚して元夫の姓を名乗っている」という具合。じゃあ、なんで別れたの? という正論はさておき、昨年末には“年間変わり者大賞”ともいえる「ベスト傾奇(かぶき)ニスト2014」の「女性部門」まで受賞してしまった。

 離婚は売名行為じゃないかという批判には「売名とかで2回も戸籍汚す女がどこにいるのかって話ですよ」と反論。今ではこれが彼女の「地」だと認識されてしまった。

 周囲をアタフタさせるぶっちゃけぶりは更にヒートアップ。年末の「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)出演時には、松本人志に「セックスはしているんですか?」と問われ、「はい。毎日一緒にいるんだから当然」と平然と答えた。さらに、マスコミのインタビューに対して「彼といずれ子供をつくりたいねと話している」とまで話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る