• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

別れた夫と「毎日…」 遠野なぎこは“いい夫婦生まれ”の年女

 昨年夏、2度目の離婚をした遠野なぎこ。芸能界最短記録の「55日離婚」に世間は呆れ顔だったが、その後もバラエティー番組では自身のエキセントリックな結婚観や恋愛観をぶっちゃけまくっている。

 何しろ、別れたはずの夫とは「離婚したのに一緒に暮らしていて、結婚していた時より大好き」「離婚して恋人になった」「(戸籍上は)離婚して元夫の姓を名乗っている」という具合。じゃあ、なんで別れたの? という正論はさておき、昨年末には“年間変わり者大賞”ともいえる「ベスト傾奇(かぶき)ニスト2014」の「女性部門」まで受賞してしまった。

 離婚は売名行為じゃないかという批判には「売名とかで2回も戸籍汚す女がどこにいるのかって話ですよ」と反論。今ではこれが彼女の「地」だと認識されてしまった。

 周囲をアタフタさせるぶっちゃけぶりは更にヒートアップ。年末の「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)出演時には、松本人志に「セックスはしているんですか?」と問われ、「はい。毎日一緒にいるんだから当然」と平然と答えた。さらに、マスコミのインタビューに対して「彼といずれ子供をつくりたいねと話している」とまで話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る