日活ロマンポルノ復活は毒の薄い邦画界へ“強烈パンチ”

公開日:  更新日:

 日活ロマンポルノが復活する。映画界の大朗報である。低予算の製作費ながら、女優の裸を売りにしつつも、内容が充実していた往年のロマンポルノの傑作、名作群を思い出す。

 すでに10本程度の企画が動いており、有名監督などの起用が決まっているという。最初の作品は今夏撮入で、公開は来年だ。気になるのが女優の人選だ。有名無名を問わず、裸をいとわない演技力の確かな女優の起用を期待したい。

 復活の背景のひとつにはこんなこともある。昨年から今年にかけて、限定的な劇場数ながら、女優の裸やセックス描写がひんぱんに登場する映画が結構ヒットしている。

「そこのみにて光輝く」「愛の渦」「海を感じる時」「さよなら歌舞伎町」といった作品で、池脇千鶴、門脇麦、市川由衣らが堂々と脱いでセックス描写に挑戦し、演技も高い評価を得た。時代がロマンポルノ的なものを志向し始めたということだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る