日活ロマンポルノ復活は毒の薄い邦画界へ“強烈パンチ”

公開日:  更新日:

 日活ロマンポルノが復活する。映画界の大朗報である。低予算の製作費ながら、女優の裸を売りにしつつも、内容が充実していた往年のロマンポルノの傑作、名作群を思い出す。

 すでに10本程度の企画が動いており、有名監督などの起用が決まっているという。最初の作品は今夏撮入で、公開は来年だ。気になるのが女優の人選だ。有名無名を問わず、裸をいとわない演技力の確かな女優の起用を期待したい。

 復活の背景のひとつにはこんなこともある。昨年から今年にかけて、限定的な劇場数ながら、女優の裸やセックス描写がひんぱんに登場する映画が結構ヒットしている。

「そこのみにて光輝く」「愛の渦」「海を感じる時」「さよなら歌舞伎町」といった作品で、池脇千鶴、門脇麦、市川由衣らが堂々と脱いでセックス描写に挑戦し、演技も高い評価を得た。時代がロマンポルノ的なものを志向し始めたということだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る