濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

公開日:  更新日:

 天才子役から官能女優に変身(?)した安達祐実(33)に朗報が届きそうだ。8日公開の花魁を描いた映画「花宵道中」で大胆な濡れ場を演じて話題だが、ドラマ主演の話も浮上しているという。

 安達のドラマは“官能枠”といわれているフジテレビの木曜10時枠。現在は石原さとみと松下奈緒が共演する「ディア・シスター」が放送されていて、石原の入浴シーンやキスシーンが視聴者の目をとめている。夏には上戸彩、吉瀬美智子が不倫妻を演じた「昼顔」が放送された枠。同作では吉瀬のベッドシーンが生唾もので、平均でも14%近い視聴率を叩き出した。

 この枠にピッタリの女優として安達に白羽の矢が立ったわけだ。

「安達の代表作は『家なき子』。その他の主演ドラマは97年の『ガラスの仮面』があるくらい。天才子役といわれながら、単発ドラマや脇役が多く、作品には恵まれなかった。それだけにドラマ主演は大きな目標で、十数年を経てやっとチャンスが巡ってきた。『花宵道中』で脱いでよかったという思いでは」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る