濡れ場が好評の安達祐実 次はフジ官能枠で「ドラマ主演」か

公開日: 更新日:

 天才子役から官能女優に変身(?)した安達祐実(33)に朗報が届きそうだ。8日公開の花魁を描いた映画「花宵道中」で大胆な濡れ場を演じて話題だが、ドラマ主演の話も浮上しているという。

 安達のドラマは“官能枠”といわれているフジテレビの木曜10時枠。現在は石原さとみと松下奈緒が共演する「ディア・シスター」が放送されていて、石原の入浴シーンやキスシーンが視聴者の目をとめている。夏には上戸彩、吉瀬美智子が不倫妻を演じた「昼顔」が放送された枠。同作では吉瀬のベッドシーンが生唾もので、平均でも14%近い視聴率を叩き出した。

 この枠にピッタリの女優として安達に白羽の矢が立ったわけだ。

「安達の代表作は『家なき子』。その他の主演ドラマは97年の『ガラスの仮面』があるくらい。天才子役といわれながら、単発ドラマや脇役が多く、作品には恵まれなかった。それだけにドラマ主演は大きな目標で、十数年を経てやっとチャンスが巡ってきた。『花宵道中』で脱いでよかったという思いでは」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る