• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

倉木麻衣ソックリAVで大騒動 くらもとまいさんの引退後

 01年、当時人気絶頂だった歌手、倉木麻衣のソックリさんが出演するAV「歌姫伝説・倉本麻衣」の発売がマスコミを騒がせた。制作プロデューサーが倉木麻衣の実父、山前五十洋さんだったからだ。スッタモンダの末、同作品は発売中止に追い込まれたが、主演AV女優として一躍注目されたのが、「くらもとまい」さん(39)だ。今どうしているのか。

■池袋のスナックを閉店

「07年2月から池袋でやってた『くらもとまいの部屋』は去年の11月15日に閉店しちゃって、今は芸能界再々デビューを目指してるところ。芸能界って二足のわらじを履いて、両方とも成功するなんて甘い世界じゃないでしょ。そう、気持ちは背水の陣ね」

 池袋駅西口のカフェで会ったくらもとさん、こう言ってほほ笑んだ。

「1月に撮影したヌードが実話系週刊誌に出たし、熟女AV出演の話もいただいてる。でも、ハダカばかりじゃなく、いずれはちゃんと服を着たお芝居やドラマにも挑戦したいと思ってる。気が付けばワタシも39歳。今回がラストチャンスだわ、きっと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る