「みゆき」テーマが大ヒット H2O赤塩正樹さん驚異の英語力

公開日:  更新日:

 東京ディズニーランドが開園した83年、10代の男女の別離をテーマにした曲が大ヒットした。男性2人組の「H2O」が歌った「想い出がいっぱい」だ。小学生の音楽教科書に載り、今や中高生の合唱コンクールの定番ソングでもある。元メンバーの赤塩正樹さん(58)、今どうしているのか。

「“言葉をまとう、音楽をまとう”をテーマに英語コンサルタントと音楽プロデュースを行う『AKAプラネット』を3年前に立ち上げ、今年2月に法人化しました。といっても、自営みたいなもんですけど」

 長野県小諸市で開かれた東北復興イベントのゲスト出演後に会った赤塩さん、まずはこう言った。

「家が長野県駒ケ根市にありましてね。あと、世田谷の下北沢にも事務所を持ってて、必要に応じて東京に出ます。仕事としてはやっぱり6対4で音楽関係でしょうか。ライブ活動しながら、作詞・作曲、プロデューサー業をこなす。こんな感じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る