野球賭博もみ消し依頼も 清原容疑者がすがった“黒い人脈”

公開日:  更新日:

 ここに2つの音声データがある。録音されたのは、昨年の10月8日。巨人が緊急会見を開き、最初に所属選手の野球賭博関与を発表した3日後のことになる。データはいずれも、男性2人の電話の会話をとったもの。声の主の1人は、今月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者(48)である。事情を知る関係者がこう言う。

「電話の相手は山口組関係者の『S』という男です。最終的に3人の無期失格処分者を出した巨人の野球賭博問題に絡み、一部週刊誌がある球界OBの関与をにおわす記事を掲載するという情報が、Sを通じて清原の耳に入った。この球界OBは現役時代から清原と懇意にしていた人物。そんな記事が出たらOBが大変なことになると心配した清原が、なんとか記事の掲載をやめさせることができないか、握り潰す方法はないか、とSに電話で相談するやりとりが録音されたものです。結果的にこのOBの関与などなく、当然、週刊誌に記事が出ることもなかった。要は、Sが清原のある種の“男気”につけ込み、もみ消したことにしてその見返りにカネを取ろうとした可能性が高い。だから、Sが会話を録音していたのでしょう。ちなみに、Sは今年1月に覚醒剤取締法違反で逮捕されている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る