野球賭博もみ消し依頼も 清原容疑者がすがった“黒い人脈”

公開日: 更新日:

 ここに2つの音声データがある。録音されたのは、昨年の10月8日。巨人が緊急会見を開き、最初に所属選手の野球賭博関与を発表した3日後のことになる。データはいずれも、男性2人の電話の会話をとったもの。声の主の1人は、今月2日に覚醒剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者(48)である。事情を知る関係者がこう言う。

「電話の相手は山口組関係者の『S』という男です。最終的に3人の無期失格処分者を出した巨人の野球賭博問題に絡み、一部週刊誌がある球界OBの関与をにおわす記事を掲載するという情報が、Sを通じて清原の耳に入った。この球界OBは現役時代から清原と懇意にしていた人物。そんな記事が出たらOBが大変なことになると心配した清原が、なんとか記事の掲載をやめさせることができないか、握り潰す方法はないか、とSに電話で相談するやりとりが録音されたものです。結果的にこのOBの関与などなく、当然、週刊誌に記事が出ることもなかった。要は、Sが清原のある種の“男気”につけ込み、もみ消したことにしてその見返りにカネを取ろうとした可能性が高い。だから、Sが会話を録音していたのでしょう。ちなみに、Sは今年1月に覚醒剤取締法違反で逮捕されている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る