清原容疑者の勾留延長 警視庁が狙う“本丸”は山口組壊滅か

公開日:  更新日:

 尿鑑定で陽性反応が出た清原和博容疑者(48)。12日、東京地裁は勾留期限を14日から10日間延長(期限23日)する決定をした。警視庁は覚醒剤の使用容疑でも立件する方針で、清原容疑者は最大40日間勾留される見通しだ。この間に捜査当局があぶり出そうとしているのは、「山口組の薬物疑惑」といわれている。

■携帯につけていた弘道会ストラップ

「清原容疑者は初犯です。覚醒剤事件は初犯なら、所持と使用の両方で立件するとしても20日間の勾留が一般的です。清原さんは有名人ですが、40日間は長い。警視庁がギリギリまで延長しようとする狙いは、薬物の入手ルートの徹底解明にあると考えられます」

 こう言うのは薬物事件に詳しい「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士だ。

 警視庁が暴こうとしているのは“山口組ルート”とされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る