日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原容疑者の勾留延長 警視庁が狙う“本丸”は山口組壊滅か

 尿鑑定で陽性反応が出た清原和博容疑者(48)。12日、東京地裁は勾留期限を14日から10日間延長(期限23日)する決定をした。警視庁は覚醒剤の使用容疑でも立件する方針で、清原容疑者は最大40日間勾留される見通しだ。この間に捜査当局があぶり出そうとしているのは、「山口組の薬物疑惑」といわれている。

■携帯につけていた弘道会ストラップ

「清原容疑者は初犯です。覚醒剤事件は初犯なら、所持と使用の両方で立件するとしても20日間の勾留が一般的です。清原さんは有名人ですが、40日間は長い。警視庁がギリギリまで延長しようとする狙いは、薬物の入手ルートの徹底解明にあると考えられます」

 こう言うのは薬物事件に詳しい「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士だ。

 警視庁が暴こうとしているのは“山口組ルート”とされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事