階段でも所構わず発情…過激ポルノ「LOVE【3D】」観賞記

公開日: 更新日:

本紙アラフォー女性記者も濡れた?

 ここだけ(?)の話、仕事が手に付かなくなるほど気になっていた。今月1日から公開中の仏・ベルギー合作映画「LOVE【3D】」のこと。一体なぜ、そんなに惹かれるのかといえば、過激なセックスシーンがてんこ盛りの“3Dポルノ”だっていうんだもの。

 メガホンを取ったのは、近親相姦や過激なレイプシーンの描写が十八番の奇才、ギャスパー・ノエ監督。昨年のカンヌ国際映画祭では観客が殺到し、あっちもこっちも総立ちだったとか。そんな触れ込みを聞いたら、小さな試写室で見るより劇場の大きなスクリーンで立体的に拝んだ方がいい、絶対そうに決まっている――。本紙アラフォー女性記者は新宿バルト9へ急行した。

 物語の舞台は芸術の都・パリ。主人公の妻子持ちの米国人青年が、元恋人の母親から娘が行方不明になったという留守録を聞いたのを機にセックス三昧だった2年間を振り返る。のっけから若い男女がハァハァと激しく戯れるシーンが流れ、看板に偽りなし!? 映画監督志望の主人公も、画家の卵の元カノも、程よい肉付きで裸がキレイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る