階段でも所構わず発情…過激ポルノ「LOVE【3D】」観賞記

公開日: 更新日:

本紙アラフォー女性記者も濡れた?

 ここだけ(?)の話、仕事が手に付かなくなるほど気になっていた。今月1日から公開中の仏・ベルギー合作映画「LOVE【3D】」のこと。一体なぜ、そんなに惹かれるのかといえば、過激なセックスシーンがてんこ盛りの“3Dポルノ”だっていうんだもの。

 メガホンを取ったのは、近親相姦や過激なレイプシーンの描写が十八番の奇才、ギャスパー・ノエ監督。昨年のカンヌ国際映画祭では観客が殺到し、あっちもこっちも総立ちだったとか。そんな触れ込みを聞いたら、小さな試写室で見るより劇場の大きなスクリーンで立体的に拝んだ方がいい、絶対そうに決まっている――。本紙アラフォー女性記者は新宿バルト9へ急行した。

 物語の舞台は芸術の都・パリ。主人公の妻子持ちの米国人青年が、元恋人の母親から娘が行方不明になったという留守録を聞いたのを機にセックス三昧だった2年間を振り返る。のっけから若い男女がハァハァと激しく戯れるシーンが流れ、看板に偽りなし!? 映画監督志望の主人公も、画家の卵の元カノも、程よい肉付きで裸がキレイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る