リベンジポルノに直結 彼からの「ヌード撮らせて」はこう断れ

公開日: 更新日:

「好きだから裸を撮らせた」――。こんな女性が相変わらず多いようだ。

 リクルート「R25」編集部が若い女性200人にアンケート調査した結果、恋人に裸や下着姿を撮らせた経験のある人が16.5%、6人に1人に上ることが分かった。理由の1位は「恋人に頼まれて仕方なく」(51.5%)。以下「恋人に勝手に撮られた」(24.2%)、「恋人に喜んでもらいたかった」(21.2%)と続いている。

 恋人にヌード撮影やハメ撮りを許した場合、恐ろしいのが別れたあとだ。男が写真をネットで拡散させ、“リベンジポルノ事件”に発展する恐れがある。リベンジポルノ問題に取り組んでいる「全国webカウンセリング協議会」理事長の安川雅史氏が言う。

「10、20代の女性は恋愛で燃え上がると、別れたときの事態を想定できないのです。“ヌードは愛の証し”と考えて安易に撮らせてしまう。“断ったら浮気されそうだから”との理由で撮影させた女性もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る