リベンジポルノに直結 彼からの「ヌード撮らせて」はこう断れ

公開日:  更新日:

「好きだから裸を撮らせた」――。こんな女性が相変わらず多いようだ。

 リクルート「R25」編集部が若い女性200人にアンケート調査した結果、恋人に裸や下着姿を撮らせた経験のある人が16.5%、6人に1人に上ることが分かった。理由の1位は「恋人に頼まれて仕方なく」(51.5%)。以下「恋人に勝手に撮られた」(24.2%)、「恋人に喜んでもらいたかった」(21.2%)と続いている。

 恋人にヌード撮影やハメ撮りを許した場合、恐ろしいのが別れたあとだ。男が写真をネットで拡散させ、“リベンジポルノ事件”に発展する恐れがある。リベンジポルノ問題に取り組んでいる「全国webカウンセリング協議会」理事長の安川雅史氏が言う。

「10、20代の女性は恋愛で燃え上がると、別れたときの事態を想定できないのです。“ヌードは愛の証し”と考えて安易に撮らせてしまう。“断ったら浮気されそうだから”との理由で撮影させた女性もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る