• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

写真集バカ売れ Gカップ葉加瀬マイは韓国でも知名度抜群

 昨年1年間、韓国に語学留学。留学中は現地でタレント活動するほど語学もマスターしている努力家だ。

「高3の時に『冬ソナ』ブームで韓国にハマって。大学でも韓国語を勉強していました。よく韓国人なのかなと間違われるのですが、私はひたすら勉強で体得したタイプです。韓国にいる間はマネジャーもないので、自分で交渉してお仕事をしていましたね」

 写真集は韓国で撮影。有名なクラブを貸し切っての撮影も彼女の名前で許可が下りるほど現地では知名度も高まっている。

「おかげさまで今も韓国の仕事はあり、日本と韓国を行き来しています。憧れの女優は小池栄子さん。グラマーなのに女優として演技も、知性も光っていて、あんなふうになれたらなって思います。同じ事務所の橋本マナミさんはよくご飯に行ったり、とっても身近で甘えられるお姉ちゃん的存在です。次回はアクション映画の主演が決まっているので、筋力をつけるトレーニングをしようと思っています。もちろん胸はそのままキープします!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る