スイカップ古瀬絵里が告白「子供を産んだときはIカップ」

公開日:  更新日:

 NHK山形のキャスター時代に爆乳で注目され、山形名産のスイカにちなんで「スイカップ」と呼ばれた古瀬絵理(39)が2冊目のセクシー写真集「陽だまり」(講談社)を6月1日に発売。結婚、出産を経ても変わらぬ美ボディーに熟女の魅力が加わった彼女の今を直撃した。

 ◇  ◇  ◇

 写真集のお話をいただいた時はまだやっていいんですか? って喜びました。キャスター時代は必死に胸を隠していた時期もあって、フッ切れるまでずいぶん時間がかかりましたけど、主人も「断る理由はあるの?」って言ってくれて大賛成。最初の写真集を出したのが6年前で、当時交際していた主人は私のヌードもむしろホメてくれて「この人は私の“胸の歴史”も背負ってくれるんだ」って思って結婚したんです。

 胸は出産前のHカップに戻りました。子供を産んだときは、Jカップまではいかなかったとは思うんですが……Iカップはあったと思います。しかも乳腺炎を起こして、本当に小玉スイカが2つついている感覚で、カタいし、痛いし(笑い)。今の方が産む前より胸が柔らかくなりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る