栄養失調から新宿駅で気絶 作曲家・岡千秋さんの極貧時代

公開日:

 演歌の“大御所”として知られる作曲家の岡千秋さん(66)。上京したのは17歳。下積み時代は苦労も多かった。

 ◇  ◇  ◇

 まったく食うや食わずでね。金がないから1日3度の食事なんて夢の夢。たった30円、40円の立ち食いそばすら食えなくて、栄養失調が原因の貧血でよく電車の中で倒れたもんだよ。

 ある日なんて、気がついたら新宿駅のトイレの床。どうしてそんなところでひっくり返ってたのか分からないけど、気分が悪くなって駆け込んで、そのまま気絶しちゃったんだろうね。でも、だーれも「大丈夫か?」って声をかけてはくれないし、駅員を呼ぶとか救護してくれる人もいなかった。あの時は「東京の人はなんでこんなに冷たいんだろ。負けるもんか。俺は絶対スター歌手になってやる!」って思ったもんだよ。歌手を目標に上京してすぐだから、67年とか68年ごろだね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る