栄養失調から新宿駅で気絶 作曲家・岡千秋さんの極貧時代

公開日:

 演歌の“大御所”として知られる作曲家の岡千秋さん(66)。上京したのは17歳。下積み時代は苦労も多かった。

 ◇  ◇  ◇

 まったく食うや食わずでね。金がないから1日3度の食事なんて夢の夢。たった30円、40円の立ち食いそばすら食えなくて、栄養失調が原因の貧血でよく電車の中で倒れたもんだよ。

 ある日なんて、気がついたら新宿駅のトイレの床。どうしてそんなところでひっくり返ってたのか分からないけど、気分が悪くなって駆け込んで、そのまま気絶しちゃったんだろうね。でも、だーれも「大丈夫か?」って声をかけてはくれないし、駅員を呼ぶとか救護してくれる人もいなかった。あの時は「東京の人はなんでこんなに冷たいんだろ。負けるもんか。俺は絶対スター歌手になってやる!」って思ったもんだよ。歌手を目標に上京してすぐだから、67年とか68年ごろだね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る