映画批評家が称賛 ジェニファー・ローレンス渾身の濡れ場

公開日:

 スパイ小説さながらにロシアと各国との外交官の追放合戦が行われている昨今。そのロシアを舞台にしたスパイ映画「レッド・スパロー」(20世紀フォックス映画配給、公開中)が話題になっている。

 というのも、かの国のハニートラップの実態を描いたこの作品、原作小説は元CIA諜報員のジェイソン・マシューズが書いたもので、リアリティーはお墨付きなのだ。元バレリーナからハニトラ要員としてスカウト、そして養成される主人公を体当たりで演じたジェニファー・ローレンス(27)を、映画批評家の前田有一氏がこう絶賛する。

「ジェニファーといえば『世界にひとつのプレイブック』でわずか22歳でアカデミー主演女優賞を受賞した、人気と実力を兼ね備えるハリウッド若手ナンバーワン女優です。その彼女がハニトラ養成学校でクラスメート衆目の授業中、いきなり嫌いな同級生と公開セックスさせられるシーンは衝撃的でした。このほかにも何度もある濡れ場の中で、まったく垂れてない推定Eカップの美巨乳はもちろん、ムチムチのお尻も、オスカー女優らしいリアルで激しいあえぎ声も、余すところなく大公開しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る