映画批評家が称賛 ジェニファー・ローレンス渾身の濡れ場

公開日: 更新日:

 スパイ小説さながらにロシアと各国との外交官の追放合戦が行われている昨今。そのロシアを舞台にしたスパイ映画「レッド・スパロー」(20世紀フォックス映画配給、公開中)が話題になっている。

 というのも、かの国のハニートラップの実態を描いたこの作品、原作小説は元CIA諜報員のジェイソン・マシューズが書いたもので、リアリティーはお墨付きなのだ。元バレリーナからハニトラ要員としてスカウト、そして養成される主人公を体当たりで演じたジェニファー・ローレンス(27)を、映画批評家の前田有一氏がこう絶賛する。

「ジェニファーといえば『世界にひとつのプレイブック』でわずか22歳でアカデミー主演女優賞を受賞した、人気と実力を兼ね備えるハリウッド若手ナンバーワン女優です。その彼女がハニトラ養成学校でクラスメート衆目の授業中、いきなり嫌いな同級生と公開セックスさせられるシーンは衝撃的でした。このほかにも何度もある濡れ場の中で、まったく垂れてない推定Eカップの美巨乳はもちろん、ムチムチのお尻も、オスカー女優らしいリアルで激しいあえぎ声も、余すところなく大公開しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る