ハリウッド実力派女優が初来日で語った米国セクハラ事情

公開日:

「最もオスカーに近い女優」の美しいこと。すこぶる華もある。

 米ハリウッドの実力派女優、ジェシカ・チャステイン(40)。27日に行われた主演映画「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」(来月15日公開、ファントム・フィルム配給)の会見および舞台挨拶に登場した。「オデッセイ」や「ゼロ・ダーク・サーティ」などに出演し日本でも知られる存在だが、意外にも今回が初来日だという。

 私生活では今年6月、伊の名門一家出身でブランド「モンクレール」の重役幹部も担う青年実業家と結婚したばかり。公私ともに絶好調だが、世の女性から羨望される理由は単純に“勝ち組”だからではない。いま、米ハリウッドにはびこるセクハラ問題と闘う姿勢にこそある。

 大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインによるハラスメント被害が続出する中、自身のツイッターで告白した女性たちを支持する声を上げ、自身も売れない時代にすれ違いざまにお尻をお触りしてきたプロデューサーがいたと告白しているのだ。今回の会見でも一連の騒動についてコメントを求められるとゆっくりとうなずき、こう話した。

「いまはメディアが民主化しており、個々に自分の意見を発信できるプラットフォームを持っている。うやむやにならないよう女性たちが発信し続けたことが、ハリウッドでのセクハラ問題を公にするきっかけになったと思うわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る