田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

「お付き合いできたら…」プロゴルファーの印象変えた色男

公開日: 更新日:

 銀座の「姫」には山口洋子ママの交友関係の深い野球選手のほか、プロレスラーにプロゴルファーなどあらゆるスポーツ界の方がいらっしゃいました。あるプロレスラーの方からアプローチされたこともありましたが、その方は酒癖が悪いのと、以前交際していた女優さんに暴力を振るっていたと聞いていたので、遠回しにお断り。DVをする男性は殴って店に出られないようにして家に囲っておくという、一種の独占欲の表れ。ホステスにとっては一番恋仲になってマイナスな人ですから、触らぬ神に……です。

 プロゴルファーの方は全体的におおらかでした。スポンサーと一緒にゴルフをプレーしたり、競技以外の社交も重要だからでしょう。ジャンボ尾崎さんのご自宅で開催するパーティーにお呼ばれしたこともありました。パーティーが営業にもなり、出会いにもなるのです。

 そんな“日焼けで真っ黒、ちょっと独特なファッションセンス”というプロゴルファーのイメージを覆す男性が来店されたのは冬のオフシーズンのこと。彼は、20代でかなりの実績を上げていたようですが、とにかくあか抜けたルックスとファッションセンスが光っていました。話してみると、とてもおだやかで紳士的。何かを強要するようなこともないし、「やらせろ」なんて下品なことは言わない。それでいてサラッと「僕のタイプなんだよな、お付き合いできたらうれしいな」と言う。こちらも気があるから「お店終わったらごはん行かない?」と言われれば、「○○で待ってて」とメモを渡し、デートに。お店は24時までですが、お客さんが少なければ、先に出てもらい、私は仮病を使って早上がりして彼との食事に行きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る