田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

部屋に入りたいと言うけれど…強引に追いかけない貴ノ花関

公開日:

 銀座の「姫」で働き始めた24、25歳のころ、熱烈に口説いてきたひとりに、亡くなった貴ノ花関(のちの藤島親方)がいました。

 店の中央には鶴田浩二さん、奥には勝新太郎さん、カウンターには石原裕次郎さん、なんて芸能人、スポーツ選手に財界人など、その時、旬な人たちが集まる店だったので、たとえ巨漢の力士でも存在感が薄れるほどお客さま一人一人のオーラが凄かった。そんな異空間の中でも端正な顔立ちが光っていたのが貴ノ花関でした。

 いつも和服で店に出ていたので、おかみさんにするならこんな人、とイメージしやすかったのかもしれません。彼は私を見るなり求婚してきました。お断りするとお兄さんの二子山親方まで連れて、嫁にしたいとアピールしてきました。

 食べることも人付き合いも好きですが、私はおかみさん業にも、子供を産むことも興味がなかったのです。プレゼントもいろいろいただきました。中でも一番高いのはエルメスの時計。彼は横綱ではなかったけれど、とにかく人気があって、勝てばタニマチの方からたくさんご祝儀がはずまれたので、相当なお金持ちだったのだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る