田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

部屋に入りたいと言うけれど…強引に追いかけない貴ノ花関

公開日:

 銀座の「姫」で働き始めた24、25歳のころ、熱烈に口説いてきたひとりに、亡くなった貴ノ花関(のちの藤島親方)がいました。

 店の中央には鶴田浩二さん、奥には勝新太郎さん、カウンターには石原裕次郎さん、なんて芸能人、スポーツ選手に財界人など、その時、旬な人たちが集まる店だったので、たとえ巨漢の力士でも存在感が薄れるほどお客さま一人一人のオーラが凄かった。そんな異空間の中でも端正な顔立ちが光っていたのが貴ノ花関でした。

 いつも和服で店に出ていたので、おかみさんにするならこんな人、とイメージしやすかったのかもしれません。彼は私を見るなり求婚してきました。お断りするとお兄さんの二子山親方まで連れて、嫁にしたいとアピールしてきました。

 食べることも人付き合いも好きですが、私はおかみさん業にも、子供を産むことも興味がなかったのです。プレゼントもいろいろいただきました。中でも一番高いのはエルメスの時計。彼は横綱ではなかったけれど、とにかく人気があって、勝てばタニマチの方からたくさんご祝儀がはずまれたので、相当なお金持ちだったのだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る