田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

彼は今ではバツ3に…結婚しなくてよかった赤ヘルの名選手

公開日: 更新日:

 私が28歳のころ、本気でお付き合いしていた年下の野球選手のお話を。当時彼は21歳、高校を卒業して広島に入り、かなりの成績をあげている投手でした。先輩たちとスポンサーに連れられて店に来た彼は、少年っぽさが抜けないかわいい男の子に見えました。私にすごく興味を持ってくれて、話をするととても男っぽい。子供扱いされるのを嫌い「また姉さんぶって!」と粋がるのも可愛らしく、まもなく彼の滞在するホテルに行くようになりました。

 デートをしても一度たりとも年上の私に財布を出させることはありませんでした。私と付き合うようになってから彼の成績はうなぎ上り。彼のおかげで巨人を押しのけて今まで優勝したことのない広島が優勝したので、衣笠祥雄さんは私のことを女神様と呼んでくれたりしました。

「姫」に入って間もない頃、いきなり「おまえはあげまんか? さげまんか?」と聞いてきたのは、あの「喝!」で有名な方。そんな人が今スポーツ界のご意見番だなんてよく言えたものです。その人はしつこく「1回やらせろ」と下品なことを言ってきましたね。もちろん、イケメンにしか興味のない私はお断りしましたが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る