田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

彼は今ではバツ3に…結婚しなくてよかった赤ヘルの名選手

公開日:

 私が28歳のころ、本気でお付き合いしていた年下の野球選手のお話を。当時彼は21歳、高校を卒業して広島に入り、かなりの成績をあげている投手でした。先輩たちとスポンサーに連れられて店に来た彼は、少年っぽさが抜けないかわいい男の子に見えました。私にすごく興味を持ってくれて、話をするととても男っぽい。子供扱いされるのを嫌い「また姉さんぶって!」と粋がるのも可愛らしく、まもなく彼の滞在するホテルに行くようになりました。

 デートをしても一度たりとも年上の私に財布を出させることはありませんでした。私と付き合うようになってから彼の成績はうなぎ上り。彼のおかげで巨人を押しのけて今まで優勝したことのない広島が優勝したので、衣笠祥雄さんは私のことを女神様と呼んでくれたりしました。

「姫」に入って間もない頃、いきなり「おまえはあげまんか? さげまんか?」と聞いてきたのは、あの「喝!」で有名な方。そんな人が今スポーツ界のご意見番だなんてよく言えたものです。その人はしつこく「1回やらせろ」と下品なことを言ってきましたね。もちろん、イケメンにしか興味のない私はお断りしましたが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る