田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

彼は今ではバツ3に…結婚しなくてよかった赤ヘルの名選手

公開日:

 私が28歳のころ、本気でお付き合いしていた年下の野球選手のお話を。当時彼は21歳、高校を卒業して広島に入り、かなりの成績をあげている投手でした。先輩たちとスポンサーに連れられて店に来た彼は、少年っぽさが抜けないかわいい男の子に見えました。私にすごく興味を持ってくれて、話をするととても男っぽい。子供扱いされるのを嫌い「また姉さんぶって!」と粋がるのも可愛らしく、まもなく彼の滞在するホテルに行くようになりました。

 デートをしても一度たりとも年上の私に財布を出させることはありませんでした。私と付き合うようになってから彼の成績はうなぎ上り。彼のおかげで巨人を押しのけて今まで優勝したことのない広島が優勝したので、衣笠祥雄さんは私のことを女神様と呼んでくれたりしました。

「姫」に入って間もない頃、いきなり「おまえはあげまんか? さげまんか?」と聞いてきたのは、あの「喝!」で有名な方。そんな人が今スポーツ界のご意見番だなんてよく言えたものです。その人はしつこく「1回やらせろ」と下品なことを言ってきましたね。もちろん、イケメンにしか興味のない私はお断りしましたが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る