田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

芸能記者に狙われる百恵さん 私のベンツに乗せて買い物に

公開日:  更新日:

 私は以前、山口百恵さんも住んでいた高輪のマンションに住んでいました。結婚当初はもちろん、妊娠、出産といつまでも注目され、マンションの入り口には常に芸能記者がいました。敷地が広く、門から建物まで距離があり、車で出入りすればわからない建物で、私の部屋にたくさんの有名人が来たのはこのマンションのおかげも多かったのです。洋子ママは英語も堪能なので海外アーティストも来ていて、ツアーで来ていたボン・ジョヴィのメンバーが部屋に来たことも。一夜を共にし、翌朝、滞在先のプリンスホテルに歩いて帰っていったなんてこともありました。

 百恵さんの事務所の社長さんが来店した時に百恵さんと同じマンションに住んでいると話したら、芸能記者がマンションの前で張っていて外に出られないで困っているから息抜きさせてあげて欲しいと頼まれ、私のスモークの張ってあるベンツに百恵さんを乗せ、お買い物に行くようになりました。普段の彼女はあれだけ華やかなステージにいらしたとは思えないほど普通の感覚をお持ちで、街中ではオーラをスッと消せる人。一緒に買い物に行って、帽子やサングラスなんかしていなくても誰も気づきませんでしたね。あれだけカメラマンが狙っていてもなかなかスクープが撮れなかったのはオーラを消しているからだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る