お詫び行脚や金策にも…保釈後の新井浩文を待つ地獄の日々

公開日: 更新日:

 30代のマッサージ嬢に性的暴行をはたらいたとして、強制性交の疑いで起訴された俳優・新井浩文(40)が27日夜、保釈された。警視庁本部の地下駐車場から黒いバンに乗って現れた新井被告は100人近い報道陣のフラッシュを一斉に浴びたが、ジッと正面を見据えて“死んだ目”を伏せることはなかった。本人からの謝罪コメントなどはなく、その場を立ち去った。

 保釈保証金500万円を納めて約1カ月ぶりに表に出てきたわけだが、実は新井被告本人は保釈に消極的だったという。

「保釈されたらASKAや清原和博のようにマスコミに追いかけ回されることは新井被告も分かっています。しかも、清原のようにかくまってくれる支援者がいるわけでもないし、罪状が罪状だけに家族や友人に合わせる顔もありません。できれば新井被告は、刑が確定するまで拘置所で静かに暮らしていたかったそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  6. 6

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  7. 7

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  10. 10

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

もっと見る