清原和博氏ひさびさも激太り 薬物&糖尿病治療中も減量苦戦

公開日: 更新日:

 2016年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受け、執行猶予中の身である元プロ野球選手の清原和博氏(51)が6日、厚労省が主催する依存症に関する啓発イベントにサプライズゲストとして登場。約180人の出席者から拍手で迎えられた。

 黒地に薄い白のストライプが入ったスーツ姿で壇上にのぼった清原氏は「薬物を使うためにウソをつき、自分を追いつめてしまった」と振り返ると、「薬物は一時的にはやめられても、やめ続けるのは難しい。勇気を出して、専門の病院に行ってほしい」と呼びかけた。

 清原氏が公のイベントに出席するのは事件後初めて。浅黒い肌に丸刈り頭、もみあげからつながる短く整えた白いアゴヒゲという風貌に往時の迫力を感じさせたが、体形は逮捕前後からさらに太った印象だ。球界関係者の話では、現在、薬物依存からの回復プログラムを受けている清原氏は、その一方で、持病の糖尿病治療を兼ねて減量に取り組んでいるはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る