山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

甲子園観戦で騒然 清原が野球に携わるのは甘さではない

公開日:

 去る8月下旬、あの清原和博氏が甲子園に現れた。夏の高校野球全国大会の決勝戦を某雑誌の企画で観戦したわけだ。

 同大会は第100回記念大会であったから、周辺では過去の名場面を振り返る企画がいくつも実施された。そういう企画において清原氏は絶対に外せないレジェンドであり、そもそも今夏は、彼の名をメディアで見聞きする機会が多かった。あの事件さえなければ、桑田真澄とのKKコンビで甲子園のグラウンドに立つ、なんてシーンも実現していたかもしれない。

 もちろん、清原氏の甲子園観戦は大きな話題を呼んだ。ちょうど文芸春秋から発売中の著書「清原和博 告白」がベストセラーになっていることも合わせて、やはり同氏への世間の関心は今も極めて高い。もっとも、その関心の大半は栄光からの転落劇や薬物に手を出した経緯の詳細、さらには現在の暮らしぶりなど下世話な好奇心によるものかもしれないが、その一方で清原氏が語るド直球の野球論についてのニーズはどうなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る