山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

甲子園観戦で騒然 清原が野球に携わるのは甘さではない

公開日: 更新日:

 去る8月下旬、あの清原和博氏が甲子園に現れた。夏の高校野球全国大会の決勝戦を某雑誌の企画で観戦したわけだ。

 同大会は第100回記念大会であったから、周辺では過去の名場面を振り返る企画がいくつも実施された。そういう企画において清原氏は絶対に外せないレジェンドであり、そもそも今夏は、彼の名をメディアで見聞きする機会が多かった。あの事件さえなければ、桑田真澄とのKKコンビで甲子園のグラウンドに立つ、なんてシーンも実現していたかもしれない。

 もちろん、清原氏の甲子園観戦は大きな話題を呼んだ。ちょうど文芸春秋から発売中の著書「清原和博 告白」がベストセラーになっていることも合わせて、やはり同氏への世間の関心は今も極めて高い。もっとも、その関心の大半は栄光からの転落劇や薬物に手を出した経緯の詳細、さらには現在の暮らしぶりなど下世話な好奇心によるものかもしれないが、その一方で清原氏が語るド直球の野球論についてのニーズはどうなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る