山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

甲子園観戦で騒然 清原が野球に携わるのは甘さではない

公開日:

 去る8月下旬、あの清原和博氏が甲子園に現れた。夏の高校野球全国大会の決勝戦を某雑誌の企画で観戦したわけだ。

 同大会は第100回記念大会であったから、周辺では過去の名場面を振り返る企画がいくつも実施された。そういう企画において清原氏は絶対に外せないレジェンドであり、そもそも今夏は、彼の名をメディアで見聞きする機会が多かった。あの事件さえなければ、桑田真澄とのKKコンビで甲子園のグラウンドに立つ、なんてシーンも実現していたかもしれない。

 もちろん、清原氏の甲子園観戦は大きな話題を呼んだ。ちょうど文芸春秋から発売中の著書「清原和博 告白」がベストセラーになっていることも合わせて、やはり同氏への世間の関心は今も極めて高い。もっとも、その関心の大半は栄光からの転落劇や薬物に手を出した経緯の詳細、さらには現在の暮らしぶりなど下世話な好奇心によるものかもしれないが、その一方で清原氏が語るド直球の野球論についてのニーズはどうなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る