• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

甲子園観戦で騒然 清原が野球に携わるのは甘さではない

 去る8月下旬、あの清原和博氏が甲子園に現れた。夏の高校野球全国大会の決勝戦を某雑誌の企画で観戦したわけだ。

 同大会は第100回記念大会であったから、周辺では過去の名場面を振り返る企画がいくつも実施された。そういう企画において清原氏は絶対に外せないレジェンドであり、そもそも今夏は、彼の名をメディアで見聞きする機会が多かった。あの事件さえなければ、桑田真澄とのKKコンビで甲子園のグラウンドに立つ、なんてシーンも実現していたかもしれない。

 もちろん、清原氏の甲子園観戦は大きな話題を呼んだ。ちょうど文芸春秋から発売中の著書「清原和博 告白」がベストセラーになっていることも合わせて、やはり同氏への世間の関心は今も極めて高い。もっとも、その関心の大半は栄光からの転落劇や薬物に手を出した経緯の詳細、さらには現在の暮らしぶりなど下世話な好奇心によるものかもしれないが、その一方で清原氏が語るド直球の野球論についてのニーズはどうなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る