“懺悔本”が10万部突破 清原和博「夜の六本木」で復活情報

公開日: 更新日:

「12月に入ってすぐのことでした。もうすぐ日付が変わろうという時間に、道路に止まった真っ黒のごっつい車の後部座席から、でっかい男が降りてきた。それが清原選手。ビックリしました」(40代のサラリーマン)

 最近、六本木の繁華街でそんな目撃情報が増えている。

 2016年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕されてから約2年半。元プロ野球選手の清原和博氏(51)は今、都内・湾岸エリアのタワーマンションに賃貸住まいをしている。事件の影響で長く自宅に引きこもりがちだったが、ここにきて、ようやく“復活”の気配を見せているという。

「歌舞伎町で警察官から職質を受け、尿検査に応じたことをネタにしたりしている。自らの半生を振り返った“懺悔本”が今年7月の発売から3週間で10万部を突破。今も売り上げを伸ばしている。それ相応の印税が入って、金欠状態から脱したのも大きい。かつての本拠地だった六本木に顔を出すようになったらなったで心配事はありますが、少なくとも外に出ようという気になったのは大きな一歩、と仲間は安心しています」(事情通)

 とはいえ、体重は一時、135キロを超えた。持病の糖尿病の治療も継続している。冒頭の目撃者によれば、「破裂しそうなほどお腹が出ていて、足を引きずりながら歩く姿は痛々しかった」という。
関係者の心配は尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る