城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

ピエール瀧容疑者は腹をくくって離婚を切り出すべきだ

公開日: 更新日:

 コカイン使用で逮捕されたピエール瀧容疑者(51)。彼がメンバーである電気グルーヴのCDは回収され、音楽配信も停止、映画、NHK大河ドラマも交代、代役といった騒ぎになって、その影響は計り知れない。

 20代のころからコカインや大麻を使用していたと供述しているという。彼は世田谷区内の豪邸のほか、マンションを借りていて、そこで薬物を使用していた。しばらく勾留生活が続き、起訴されるという流れだ。

 この段階で僕は、あえてピエール瀧容疑者と、その弁護を担当するであろう弁護士に伝えたいことがある。今、この時だからこそ、「早急に離婚させた方がいい」と思っているのだ。

 ピエール瀧容疑者には妻と未成年の子供がいる。今回の逮捕には大きな衝撃を受けているだろう。受け止めることもできないくらいの状況が想像できる。何をどうしたらいいのか分からない混乱の中にあるだろうとも察しがつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る