城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

公開日: 更新日:

「鈴木京香が京都に愛の新居――」という見出しが女性週刊誌の表紙を飾った。

“半同棲中”といわれる、俳優の長谷川博己(42)が2020年大河ドラマ「麒麟がくる」で主役を演じるため、撮影の中心となるロケ現場に合わせ、また鈴木(50)も京都でのドラマ収録もあったりするので、デザイナーズ住宅を借りたらしいという内容だった。

 鈴木と長谷川は、2010年のNHKドラマ「セカンドバージン」で共演し交際がスタート。この数年、いつ結婚してもおかしくないと芸能マスコミで言われ続けてきた。半面、昨年の秋の終わり頃には、ふたりの破局説も出ていたし、一部で報じられもした。鈴木のマンションで長谷川の姿が目撃されなくなったというのがその理由だったが、NHK大阪制作の朝ドラの仕事で大阪にいたのだから当然の話。先日の長谷川の誕生日は、きっちり鈴木のマンションで過ごしていたというから、“大人の交際”は継続中ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る