伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

公開日: 更新日:

 ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が麻薬取締法違反(コカイン使用)で逮捕された事件。大河ドラマ「いだてん」をはじめ、瀧容疑者が出演するドラマ、映画、ラジオ、CMの関係者は対応に追われ、芸能界は激震に見舞われている。

 瀧容疑者を逮捕したのは「麻取(マトリ)」と呼ばれる厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部。同部の元捜査第1課長で、80年1月、日本公演のため来日したポール・マッカートニーを大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕した“伝説の麻薬Gメン”小林潔氏(76)は、今回の逮捕の背景についてこう話す。

「相当、確度の高い情報を得て内偵を続けていたことは間違いない。マトリにはガセネタも大量に入ってきますからね。逮捕当日の12日は、午後6時にガサ入れしたが、吸引に使用したとみられる韓国紙幣は押収したがブツは出なかった。任意同行を求めた上、8時すぎに尿検査で陽性反応が出て、11時すぎに緊急逮捕。コカインは代謝時間が非常に短いので、簡易キットだと使用後1日経過してしまうと、まず陽性が出ない。5~6時間が限界です。ですから局に鑑定官を待機させておいて、瀧容疑者の自宅で尿を採取した可能性があります。相手は有名人ですから『陰性だったからお帰りください』では済まされませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る