• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女遊びが肥やしにならず 桂文枝“愛人醜聞”で汚れゆく晩節

「つまるところ、まったく懲りていなかった」(演芸関係者)ともっぱらだ。桂文枝(74)が昨年末に不倫疑惑を報じられた日本舞踊のセンセイと公私混同の付き合いを続け、上方落語協会会長として選考に関わった演芸場の名称の一般公募に関与させたとされる騒動――。文枝は「喜楽館」とする案を伝え、この女性に応募させた揚げ句、それをプッシュし採用させていたというのである。

 文枝と名称決定を行った「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長(70)が「公募のルールに直接違反しないが、モラル的な問題はあると思う」とするなど、批判が相次いでいるが、当人は会見はおろかコメントも出していない。「女遊びは芸の肥やし」「浮気は男の甲斐性」と、やり放題やってきた世代だけに、今回の騒動で罪悪感を持っているかすら疑わしいのだ。しかも、明るみに出た文枝の不倫は演歌歌手の紫艶に続いて2度目。日舞のセンセイとも別れ話でトラブルになり、今回の命名騒動が発覚するというお粗末である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る