女遊びが肥やしにならず 桂文枝“愛人醜聞”で汚れゆく晩節

公開日: 更新日:

「つまるところ、まったく懲りていなかった」(演芸関係者)ともっぱらだ。桂文枝(74)が昨年末に不倫疑惑を報じられた日本舞踊のセンセイと公私混同の付き合いを続け、上方落語協会会長として選考に関わった演芸場の名称の一般公募に関与させたとされる騒動――。文枝は「喜楽館」とする案を伝え、この女性に応募させた揚げ句、それをプッシュし採用させていたというのである。

 文枝と名称決定を行った「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長(70)が「公募のルールに直接違反しないが、モラル的な問題はあると思う」とするなど、批判が相次いでいるが、当人は会見はおろかコメントも出していない。「女遊びは芸の肥やし」「浮気は男の甲斐性」と、やり放題やってきた世代だけに、今回の騒動で罪悪感を持っているかすら疑わしいのだ。しかも、明るみに出た文枝の不倫は演歌歌手の紫艶に続いて2度目。日舞のセンセイとも別れ話でトラブルになり、今回の命名騒動が発覚するというお粗末である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る