二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

やっつけ対応で謝罪 桂文枝の不倫騒動の笑えない見苦しさ

公開日:  更新日:

 不倫相手から告発されていた上方落語協会会長の桂文枝(74)がようやく公の場で謝罪した。当然、釈明があると思われたが、「お騒がせして申し訳ありません」だけだった。「さんざん待たせておいて、それだけか!」とツッコミも入れたくなるが、「マスコミがうるさいから、とりあえず謝罪しておこう」。そんな“やっつけ”対応という見方もされてしまう。

 2年前の演歌歌手との不倫に続き、昨年末、「週刊新潮」で発覚した56歳の日舞の先生との不倫は例を見ない内容だった。LINEや電話による大胆な下ネタのやりとりは驚きを通り越し、笑えるほどだった。異例は続く。近年の週刊誌の不倫報道はテレビなどで拡散していくが、所属する吉本の暗黙の圧力か、他のメディアの後追い報道は皆無。

 文枝も沈黙だったが、「新潮」には誌面で反論。説得力に欠ける苦しい弁明だったが、「他のメディアに広がらないことで新潮の報道内だけで終わらせる」という手法で一件落着を図ったのだろうが、甘くはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る