二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

やっつけ対応で謝罪 桂文枝の不倫騒動の笑えない見苦しさ

公開日: 更新日:

 不倫相手から告発されていた上方落語協会会長の桂文枝(74)がようやく公の場で謝罪した。当然、釈明があると思われたが、「お騒がせして申し訳ありません」だけだった。「さんざん待たせておいて、それだけか!」とツッコミも入れたくなるが、「マスコミがうるさいから、とりあえず謝罪しておこう」。そんな“やっつけ”対応という見方もされてしまう。

 2年前の演歌歌手との不倫に続き、昨年末、「週刊新潮」で発覚した56歳の日舞の先生との不倫は例を見ない内容だった。LINEや電話による大胆な下ネタのやりとりは驚きを通り越し、笑えるほどだった。異例は続く。近年の週刊誌の不倫報道はテレビなどで拡散していくが、所属する吉本の暗黙の圧力か、他のメディアの後追い報道は皆無。

 文枝も沈黙だったが、「新潮」には誌面で反論。説得力に欠ける苦しい弁明だったが、「他のメディアに広がらないことで新潮の報道内だけで終わらせる」という手法で一件落着を図ったのだろうが、甘くはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る