• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

やっつけ対応で謝罪 桂文枝の不倫騒動の笑えない見苦しさ

 不倫相手から告発されていた上方落語協会会長の桂文枝(74)がようやく公の場で謝罪した。当然、釈明があると思われたが、「お騒がせして申し訳ありません」だけだった。「さんざん待たせておいて、それだけか!」とツッコミも入れたくなるが、「マスコミがうるさいから、とりあえず謝罪しておこう」。そんな“やっつけ”対応という見方もされてしまう。

 2年前の演歌歌手との不倫に続き、昨年末、「週刊新潮」で発覚した56歳の日舞の先生との不倫は例を見ない内容だった。LINEや電話による大胆な下ネタのやりとりは驚きを通り越し、笑えるほどだった。異例は続く。近年の週刊誌の不倫報道はテレビなどで拡散していくが、所属する吉本の暗黙の圧力か、他のメディアの後追い報道は皆無。

 文枝も沈黙だったが、「新潮」には誌面で反論。説得力に欠ける苦しい弁明だったが、「他のメディアに広がらないことで新潮の報道内だけで終わらせる」という手法で一件落着を図ったのだろうが、甘くはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る