本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

堀江しのぶの死で涙は枯れ果て悲しみだけが残ったが…

公開日: 更新日:

 野田義治が最初に手がけたタレント第1号、堀江しのぶがスキルス性胃がんによって23歳という若さで急逝した。

 野田が率いるイエローキャブ唯一の稼ぎ頭が亡くなると、事務所へ入る収入は途絶えた。

 闘病を支えたときはまだ精神的に張り詰めた状態だったが、死亡してからはしばらく野田は呆然とした日々がつづいた。

「一番、精神的、経済的に落ち込んだときでした。だから仕事が忙しいのがなによりでした。そうしないと、もう(堀江)しのぶの死で落ち込んだままだったし、それじゃどうしようもないし、新しい子との出会いもないだろうって、あえて仕事をやらせてもらったんです」

 人間、暇な時間があると、つい考えなくてもいいことをひねくりだして鬱になってしまうものだ。忙しいときはスランプだと感じることもなく過ぎていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る