本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

公開日: 更新日:

 野田義治は雑誌グラビア、イメージビデオ、すべての撮影現場に顔を出し、ときにはカメラマンや監督以上に自社のタレントに指示を出す。

 露出を抑えるようにカメラマンに圧力を加えるのではなく、その逆。もっと露出するように、もっと大胆なポーズをするように、むしろカメラマンや監督以上のことを要求するのだ。

「よく女の子を泣かせましたけど。たとえば後ろ向きで水着撮ってる。ブランコ乗ってる。僕は“おまえ、もっと股開けー”って直接的な言い方するんですよ。後ろしか写ってないんだから脚を写さないといけない。そしたら股開かなきゃ写らない。カメラマンっていうのは、そういう直接的な言葉使うのがイヤだから、上手に上手に時間かけてもっていくんですよ。でもこっちは時間かけてらんないですよね。そのほうが早く終わるし、次のカットに移れるし」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る