市場が突き付ける吉本HD大株主の責任 上場の民放がズラリ

公開日: 更新日:

 吉本興業ホールディングス(HD)の岡本昭彦社長(52)の進退が株式市場でも話題に上り始めた。

「吉本興業は非上場会社なので、マーケットの関心はずっと薄かったのです。ところが、宮迫、田村亮の会見以降、様子が変わってきました。岡本社長の続投はいかがなものか。大株主は続投を黙認するのかという批判めいた声が噴出してきたのです。吉本の大株主には上場している民放がズラリと並んでいます。こうした会社の株価は下落傾向です」(市場関係者)

 吉本興業HDの株主はテレビ局を傘下に置く持ち株会社(HD)や、広告関連、金融機関などだ。宮迫・亮の会見(20日)後、初取引となった22日はフジ・メディア・HDの株価は前日比マイナス2.3%、テレビ朝日HDはマイナス1.7%で取引を終えた。日本テレビHD、TBSHDも下落だった。日経平均はほぼ横ばい(マイナス0.2%)だったので、民放株が冴えなかったのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る