本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

元ダウンタウンのマネジャー・大崎会長はこちらの要望を…

公開日: 更新日:

「プロダクションとタレントの関係は永遠のテーマですね」

 元イエローキャブ、現在、サンズエンタテインメント野田義治会長が、今回の吉本騒動を振り返ってそう語った。

 半世紀以上にわたって芸能界で生きてきた野田義治は、マネジャーとして、芸能プロダクション代表として、プロダクションとタレントの関係の難しさを開陳する。

 タレントは自分が所属するプロダクションが、ずいぶんマネジメント料をとっているのだろうと疑心暗鬼になり、内部のスタッフの言うことよりも外部の人間の言うことを信じやすくなる。プロダクションにしてみれば、先行投資でタレントに多額の資金を投じてレッスンを受けさせ、営業で飛び回り、やっと売れたと思ったら他の所に移籍されてしまう、と嘆く。

 いまメディアに出ている吉本興業の大崎洋会長は、ダウンタウンのマネジャーだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る