本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

1973年夏 野田は夏木マリの営業担当マネジャーになった

公開日: 更新日:

 この曲の1年前には、「こまっちゃうナ」以来ヒット曲に恵まれなかった山本リンダが、同じく阿久悠作詞「どうにもとまらない」(作曲・都倉俊一)で6年ぶりに復活。1973年「涙の太陽」(作詞・R.H.Rivers=湯川れい子/作曲・中島安敏)でデビューした安西マリアと共に、派手な動きと色気で押し出すアクション歌謡がブームになった。

 女性歌手は、夏木マリという芸名で奇跡の復活を果たした。

「ちょうど『絹の靴下』が発売になって。本人的にいうと、やっとこさ下積みからブレーク、スケジュール的にいうと一番忙しいとき、もうなんでもかんでもやんなきゃいけないっていう時期でした。曲は売れていって、テレビ番組もお呼びがかかって出るようになった時期ですよね。一番いい時期。これからさあ売れっ子になろうかなっていう時期ですよね。地方回りの営業というんですけど、営業担当マネジャーで入った僕は現場責任者の次、セカンドだったわけですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  2. 2

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  3. 3

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  4. 4

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  5. 5

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  6. 6

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  7. 7

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  8. 8

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    米倉涼子や柴咲コウが独立 “円満”強調と個人で活動の意図

もっと見る