本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

昼夜を問わず働き続けた野田は現場でも注目されるように

公開日: 更新日:

「あんなに熱い人はいないです」

 野田義治が伝説のスカウトマン上條英男について語る。

 ジョー山中、小山ルミ、ゴールデン・ハーフ、カルメン・マキ、三東ルシア……。

 さらに西城秀樹、舘ひろし、クールス、五十嵐じゅん(淳子)、安西マリア、川島なお美、吉沢京子、浅田美代子、田中真理、田口久美、テレサ野田(西園寺たまき)……。

 上條英男が発掘した逸材の群れ。

 その上條英男のもとでマネジャー業を始めた野田義治は、第2の高橋英樹になる夢は破れたが、芸能界で成功するという夢は捨ててなかった。

 手塩にかけて育てたタレントが売れたとしたら、それは挫折した夢がかなったことになるのではないか。 

 上条企画のもとで、タレントたちのスケジュールを決めたり、営業に回ったり、送り迎えをしたりしているうちに、マネジャー業が楽しくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  10. 10

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る