北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

ちとせよしの19歳 “ピュアかつ巨乳”というグラドルの王道

公開日: 更新日:

 18年10月にグラドルデビュー。DVDの「ピュア・スマイル ちとせよしの」(竹書房)のタイトル通り、色白でピュア感が抜群。目に力もあり、女優の有村架純似のグラドル出現と話題になっています。それでいてバストはHカップですから。

 デビュー当時はまだ佐賀県の鉄工所勤務。同年11月に雑誌「ヤングアニマル」のYAグラ姫2019のファイナリストに。他の候補者がほぼアイドルユニット活動をしてグラビア挑戦していたセミプロの中、一般応募の鉄工所勤務というだけで印象的でした。私は、美術の教科書に載っていた洋画家・青木繁の代表作「海の幸」を思い起こすビジュアルだと勝手に騒いでいました。

 19年1月に上京し、本格的にグラドルメーンの芸能活動を開始。「週刊プレイボーイ」のグラドル番付でも、次世代グラドル恵体番付で張出横綱、グラドル純朴番付で横綱、次世代グラドルボイン番付で横綱を獲得する勢いです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る