北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

おバカキャラ×プロ雀士 篠原冴美は異色のGカップグラドル

公開日: 更新日:

篠原冴美(しのはら・さえみ=27歳)

 回顧シリーズ第4回は昨年のGWにイベントを開催した篠原冴美サン。癒やし系で、親しみやすいビジュアルがポイントです。しかも身長もあって、スタイルもバツグン。Gカップの理想的なグラビアアイドルです。

 私も多少関わっている「第1回ミスヤングチャンピオン」グランプリを受賞。11年には 恵比寿マスカッツ第1期メンバーに。16年からイメージDVDを年1~2本とコンスタントにリリース。17年には日本プロ麻雀協会プロテストに合格してプロ雀士にもなったという知性も持ち合わせています。霊感が強いことも、一部ではかなり有名です。

 写真は、昨年の4月29日、11作目のイメージDVD「Bittersweet冴美の誘惑」(@misty)発売イベントの時のものです。ロケ地は伊豆で社長秘書設定。彼女が旅行先で社長さんを誘惑するストーリーで、社長にマッサージされたり、旅館の浴衣から、緑の小さめ三角ビキニに展開したり……。スクール水着でお風呂に入り、水着を切り刻まれていくシーンが印象的だったとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る