北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

正統派洋風美女・徳江かなは鼻高々でグラドルの貴重な逸材

公開日: 更新日:

徳江かな(とくえかな=21歳)

 回顧シリーズ(?)第3回は徳江かなサン。ひと目見て、インパクトのある美女です。ちょっと、エキゾチック感というか、洋風な雰囲気。とにかく鼻が高くてかっこいい、そして印象的な瞳、眼力もありです。

 そんな正統派美女なのにグラビア展開、大胆なハイレグ衣装を着てくれたり……イベントの取材でもすてきな水着姿を披露してくれるという、ありがたき存在であります。

 2014年から舞台などに出演。ファーストDVD「初恋Days」(ギルド)のリリースは2017年の年末、ファースト写真集「Kana」(講談社)は2018年末発売とコンスタントにリリース。そして昨年4月13日には5作目のDVD「かなの恋愛予報」(アイドルワン)の発売記念イベントを秋葉原で開催しました。

 バリ島ロケ作品で、ストーリーは彼氏とケンカして別の男性に……みたいな内容で、彼氏の元カノの1人2役的要素もあってJK制服姿も。つい最近まで着ていただけあってリアルです。その後も8月にDVD「初恋のはじめかた」(イーネット・フロンティア)、11月に「妹が無邪気に誘惑してきてやばい」(竹書房)を発売、グラドルとしては極めて順調な活動ぶりでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る