道端ジェシカ容疑者“泳がせ逮捕”はMDMA常習だからか…元麻取は「売人」の可能性も指摘

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMA所持の疑いでモデルの道端ジェシカ容疑者(38)が逮捕されたのは18日夜のこと。税関職員が海外から到着した荷物の中から、15錠のカプセルに入った粉末状のMDMAを発見。容疑者を泳がせる捜査「コントロールド・デリバリー」で、六本木の高級ホテルに届けられた後、部屋にいた道端容疑者と知人男性を現行犯逮捕した。

 警視庁の調べに対し、道端容疑者は「知らないです」と否認しているが、元厚生省麻薬取締官の小林潔氏は「悪質な可能性が高い」としてこう続ける。

「空港ではなく、あえて届いた後で現行犯逮捕するということは、確証をもって逮捕しようという警察側の意図が感じられる。そこまでして確実に逮捕しようということは、繰り返し輸送し、マークされていた可能性が高い。繰り返し運ぶということは“売人”として薬物を広げる役割を担っていた可能性も考えられるため、重要視したのでしょう」

 道端容疑者といえば、姉・カレン(43)、妹・アンジェリカ(37)と美人3姉妹で活躍。2008年ごろからF1ドライバーのジェンソン・バトン(43)と交際し話題に。道端容疑者と交際してからバトンがチャンピオンに返り咲いたため“勝利の女神”と称されていた。その後、14年にバトンと結婚するも翌15年に離婚。現在は、ハリウッドの映画プロデューサーと事実婚でハワイに在住。彼との間に生まれた5歳の娘と優雅なハワイライフがSNSやテレビで公開されていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う