仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

公開日: 更新日:

 日本初の女性弁護士・三淵嘉子さんの人生をモデルにした、NHK連続テレビ小説「虎に翼」。伊藤沙莉(30)演じる主人公の猪爪寅子の夫、佐田優三役を好演しているのが俳優の仲野太賀(31)だ。

 7月スタートのドラマ「新宿野戦病院」(フジテレビ系)で小池栄子(43)とW主演を務めるほか、2026年放送のNHK大河ドラマ「豊臣兄弟!」で主人公の豊臣秀長役に抜擢されるなど、いま最も注目度の高い俳優の一人である太賀は、俳優の中野英雄(59)の次男で、言わずと知れた2世俳優でもある。

 父・英雄の当たり役といえば、古くは1992年放送の鈴木保奈美(57)主演ドラマ「愛という名のもとに」(フジ系)で演じたチョロ役だが、なんといっても映画やVシネでのヤクザ役だろう。北野武監督の「アウトレイジ」(10年)、「アウトレイジ ビヨンド」(12年)や「日本統一」シリーズなど、さまざまなヤクザ作品で存在感を示している。そんな英雄は、太賀の活躍に目を細めているという。

「SNSに太賀の出演情報をアップしたり、太賀について『最高だ!!』『今日の太賀良かった!!』と投稿したりと、息子の活躍がなにより嬉しい様子が伝わってきます。役者としての存在感はまだまだ父親に及ばないものの、民放やNHKで活躍する太賀はすでに役者として『父親を超えた』なんて声も聞こえてきます。そんな2人の親子共演を期待するファンも少なくないようです」(スポーツ紙記者)

 民放の旅番組での共演のほか、英雄が監督、脚本を担当した短編ドラマに太賀が出演しているが、本格的な共演には至っていない。《ヤクザ作品で親子共演が見たい》なんて声もあるが、2人の共演がなかなか実現しない“ある事情”が囁かれているという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ