“W台風”で大雨被害警戒 ココが東京都内の「水没」危険エリア

公開日: 更新日:

 各地に大きな被害をもたらした台風26号の悪夢も冷めないうちに、今週末にかけて強い台風27号、28号が日本列島に接近する。大雨による被害が予測され、古屋防災担当相は記者会見して警戒を呼びかける方針だ。

 前衆院議員で気象予報士の斎藤恭紀氏が言う。

「今回は台風の上陸そのものよりも、台風によって送り込まれる亜熱帯の空気と日本海側からの寒冷型低気圧がぶつかってできる積乱雲がシビアな影響をもたらしそうです。台風の中心から離れた場所でも、日本中どこで集中豪雨が起きてもおかしくありません」

 雨は3日間にわたって降り続くというから心配だ。

「実は、都内の河川・下水道などの治水施設は、1時間当たり50ミリの雨量までしか対応できない設計です。50ミリを超えると、氾濫する可能性があるのです」(斎藤恭紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る