10年で最強…列島を直撃する巨大台風、今年はなぜ多い?

公開日: 更新日:

<異常気象の遠因はフィリピン東の海水温度>

 気象庁が「関東に接近する台風の中ではこの10年で最も強い」と警戒を呼びかけた台風26号。気象予報士の森田正光氏によると、「関東地方に上陸した台風は、70年代が3個、80年代に6個、90年代に8個」だけ。今回は上陸はなかったが、先月16日の18号に続いて首都圏をかすめた。

 気象庁は「単なる誤差の範囲」というが、今年は深刻な台風被害を散々見せられてきただけに、何かの異常気象かとも疑いたくなる。

 ちなみに、03年から昨年までの台風の上陸数を調べてみると、1位は沖縄の12回、2位は高知の8回、3位は長崎と鹿児島の5回。10年間でも、これしか上陸していない。台風が関東まで北上し、しかも上陸するのは極めて珍しいのである。

「台風の多くはフィリピンの東海上で発生し、海水温は26~28度以上が必要です。ただ、同じ海水温でも海底の深くまで高温の場合は、強い勢力を保ち続けられると考えられます。また、大気が不安定なほど熱帯の対流活動は活発になり、台風の発生数が増えるのです」(気象庁・台風担当官)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る