10年で最強…列島を直撃する巨大台風、今年はなぜ多い?

公開日:  更新日:

<異常気象の遠因はフィリピン東の海水温度>

 気象庁が「関東に接近する台風の中ではこの10年で最も強い」と警戒を呼びかけた台風26号。気象予報士の森田正光氏によると、「関東地方に上陸した台風は、70年代が3個、80年代に6個、90年代に8個」だけ。今回は上陸はなかったが、先月16日の18号に続いて首都圏をかすめた。

 気象庁は「単なる誤差の範囲」というが、今年は深刻な台風被害を散々見せられてきただけに、何かの異常気象かとも疑いたくなる。

 ちなみに、03年から昨年までの台風の上陸数を調べてみると、1位は沖縄の12回、2位は高知の8回、3位は長崎と鹿児島の5回。10年間でも、これしか上陸していない。台風が関東まで北上し、しかも上陸するのは極めて珍しいのである。

「台風の多くはフィリピンの東海上で発生し、海水温は26~28度以上が必要です。ただ、同じ海水温でも海底の深くまで高温の場合は、強い勢力を保ち続けられると考えられます。また、大気が不安定なほど熱帯の対流活動は活発になり、台風の発生数が増えるのです」(気象庁・台風担当官)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る