運転中の“万が一”を記録 「ドライブレコーダー」がバカ売れ中

公開日: 更新日:

 走行中の映像や音声を自動的に記録する「ドライブレコーダー」が、バカ売れだ。

 タクシードライバーが乗客から暴力を受けたり、京都で起きた自動車の暴走をドライブレコーダーが捉えていた映像は、読者も覚えているだろう。

 事故やアクシデントに巻き込まれたときの“証拠”に使えると、タクシーへの装着率が高まっているわけだが、この流れが一般ドライバーにも広がってきた。

 先日、レーダー探知機やカーナビでも知られる「ユピテル」のドライブレコーダーを試す機会があった。本体はわずか2センチ四方、フロントガラス内側に両面テープで装着し、電源をシガーライターから取れば設置完了。実勢価格1万2800円だ。

 本体にセットした4ギガバイトのマイクロSDに60分の動画が記録できる。映像は記録容量を超えると上書きされるため、直近1時間の映像が保存されるわけだ。記録メディアの容量を増やせば、記録時間も延びる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る