• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運転中の“万が一”を記録 「ドライブレコーダー」がバカ売れ中

 走行中の映像や音声を自動的に記録する「ドライブレコーダー」が、バカ売れだ。

 タクシードライバーが乗客から暴力を受けたり、京都で起きた自動車の暴走をドライブレコーダーが捉えていた映像は、読者も覚えているだろう。

 事故やアクシデントに巻き込まれたときの“証拠”に使えると、タクシーへの装着率が高まっているわけだが、この流れが一般ドライバーにも広がってきた。

 先日、レーダー探知機やカーナビでも知られる「ユピテル」のドライブレコーダーを試す機会があった。本体はわずか2センチ四方、フロントガラス内側に両面テープで装着し、電源をシガーライターから取れば設置完了。実勢価格1万2800円だ。

 本体にセットした4ギガバイトのマイクロSDに60分の動画が記録できる。映像は記録容量を超えると上書きされるため、直近1時間の映像が保存されるわけだ。記録メディアの容量を増やせば、記録時間も延びる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る