運転中の“万が一”を記録 「ドライブレコーダー」がバカ売れ中

公開日: 更新日:

 走行中の映像や音声を自動的に記録する「ドライブレコーダー」が、バカ売れだ。

 タクシードライバーが乗客から暴力を受けたり、京都で起きた自動車の暴走をドライブレコーダーが捉えていた映像は、読者も覚えているだろう。

 事故やアクシデントに巻き込まれたときの“証拠”に使えると、タクシーへの装着率が高まっているわけだが、この流れが一般ドライバーにも広がってきた。

 先日、レーダー探知機やカーナビでも知られる「ユピテル」のドライブレコーダーを試す機会があった。本体はわずか2センチ四方、フロントガラス内側に両面テープで装着し、電源をシガーライターから取れば設置完了。実勢価格1万2800円だ。

 本体にセットした4ギガバイトのマイクロSDに60分の動画が記録できる。映像は記録容量を超えると上書きされるため、直近1時間の映像が保存されるわけだ。記録メディアの容量を増やせば、記録時間も延びる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る