クラウンからレガシィへ 覆面パトカー事情に異変アリ

公開日: 更新日:

 今年も残すところ1カ月半。恒例となっている年末の交通取り締まり強化が始まるが、異変が起こっていると評判なのがパトカーだ。
“白黒パンダ”や覆面パトカーで最も多いトヨタ・クラウンが、スバル・レガシィに取って代わられているというのだ。

 筆者もレガシィは数度見かけたし、関西方面ではレガシィ・ツーリングワゴンの覆面パトカーが出没したという情報もあった。

 これまで高速交通隊のパトカーでレガシィやインプレッサが採用されていることは知っていたが、白黒パトカーに大量採用されることはなかっただけにビックリ。当然、入札でレガシィの採用が決定したからで、今後はクラウンからの入れ替えが進むことになりそう。

 一方、首都圏の高速道路で最近活躍する覆面パトカーがトヨタ・マークXだ。こちらも目撃情報を頻繁に耳にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る