クラウンからレガシィへ 覆面パトカー事情に異変アリ

公開日: 更新日:

 今年も残すところ1カ月半。恒例となっている年末の交通取り締まり強化が始まるが、異変が起こっていると評判なのがパトカーだ。
“白黒パンダ”や覆面パトカーで最も多いトヨタ・クラウンが、スバル・レガシィに取って代わられているというのだ。

 筆者もレガシィは数度見かけたし、関西方面ではレガシィ・ツーリングワゴンの覆面パトカーが出没したという情報もあった。

 これまで高速交通隊のパトカーでレガシィやインプレッサが採用されていることは知っていたが、白黒パトカーに大量採用されることはなかっただけにビックリ。当然、入札でレガシィの採用が決定したからで、今後はクラウンからの入れ替えが進むことになりそう。

 一方、首都圏の高速道路で最近活躍する覆面パトカーがトヨタ・マークXだ。こちらも目撃情報を頻繁に耳にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る