クラウンからレガシィへ 覆面パトカー事情に異変アリ

公開日:  更新日:

 今年も残すところ1カ月半。恒例となっている年末の交通取り締まり強化が始まるが、異変が起こっていると評判なのがパトカーだ。
“白黒パンダ”や覆面パトカーで最も多いトヨタ・クラウンが、スバル・レガシィに取って代わられているというのだ。

 筆者もレガシィは数度見かけたし、関西方面ではレガシィ・ツーリングワゴンの覆面パトカーが出没したという情報もあった。

 これまで高速交通隊のパトカーでレガシィやインプレッサが採用されていることは知っていたが、白黒パトカーに大量採用されることはなかっただけにビックリ。当然、入札でレガシィの採用が決定したからで、今後はクラウンからの入れ替えが進むことになりそう。

 一方、首都圏の高速道路で最近活躍する覆面パトカーがトヨタ・マークXだ。こちらも目撃情報を頻繁に耳にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る