• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

40代メタボ記者 話題の「糖質制限ダイエット」を試した

 効果はテキメンだった。45歳メタボ記者による、いまはやりの「糖質制限ダイエット」体験のことだ。
 やり方は簡単で、主食の米、麺、パンなど、糖質となる炭水化物を極力控えるだけ。ベストセラー「炭水化物が人類を滅ぼす」の著者、夏井睦氏が、ろくに運動もせず半年で11キロ痩せたうえ、高血圧は治るし中性脂肪やコレステロール値まで正常化。

 この体験談を読んで、人間ドックまでの3週間節制してみるかと、一念発起してみた。ご飯とうどんに目がない記者にとってどれほどの苦行か、体験してみたくなったこともある。
 障害はいきなり初日にやってきた。昼ご飯の選択肢が、ほとんどなくなってしまったからだ。
 立ち食いそば屋の丼付きセットは当然NG。650円の野菜炒め定食も、おかず単品だと割高で財布には打撃だ。

 コンビニ弁当もカップ麺も、ほぼすべてダメだ。記者がコンビニをくまなく探して見つけたのは、レトルトの蒸し鶏胸肉とサラダ、おでん(練りものを除く)や揚げ物くらい。これじゃあなんだか、食事というより“補給”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る