貴重な縁日に <新井薬師>

公開日:  更新日:

「縁日」は、廃れつつある文化なのかもしれない。テキ屋さんに聞いた話を、友人が披露してくれた。

「外商組合がレギュラーとして呼ばれていく縁日で、月何回か定期的に行われているところは、都内でもう数カ所しかないらしい。代表的なのは巣鴨。後は新井薬師かな」

 友人は「だから、今のうちに縁日に行った方がいい」と主張する。毎月8が付く日に縁日が行われている新井薬師に行ってみた。

 中野から歩いて15分ほどの薬師あいロード商店街。ここは目の神様である通称「お薬師様」の参道で、買ったものはすべて「薬師みやげ」になるそうだ。

 たしかに縁日はやっていたが、なんとも寂しいものよ。屋台は3店しか出ておらず、そのうち1店は店じまい中。

「日によっては境内にずらりと屋台が並ぶ」と屋台の方。でも、友人の「最近は近隣からの苦情で縁日も縮小気味らしいよ」という言葉をチラリと思い出す。いやいや、夕方だからの閑散ぶりだと思いたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る