貴重な縁日に <新井薬師>

公開日: 更新日:

「縁日」は、廃れつつある文化なのかもしれない。テキ屋さんに聞いた話を、友人が披露してくれた。

「外商組合がレギュラーとして呼ばれていく縁日で、月何回か定期的に行われているところは、都内でもう数カ所しかないらしい。代表的なのは巣鴨。後は新井薬師かな」

 友人は「だから、今のうちに縁日に行った方がいい」と主張する。毎月8が付く日に縁日が行われている新井薬師に行ってみた。

 中野から歩いて15分ほどの薬師あいロード商店街。ここは目の神様である通称「お薬師様」の参道で、買ったものはすべて「薬師みやげ」になるそうだ。

 たしかに縁日はやっていたが、なんとも寂しいものよ。屋台は3店しか出ておらず、そのうち1店は店じまい中。

「日によっては境内にずらりと屋台が並ぶ」と屋台の方。でも、友人の「最近は近隣からの苦情で縁日も縮小気味らしいよ」という言葉をチラリと思い出す。いやいや、夕方だからの閑散ぶりだと思いたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る