墨すり三年 書き八年 <泪橋>

公開日: 更新日:

 どこもかしこも再開発で、古き良き風景が失われていく。実に残念無念なのだが、南千住の泪橋に来て救われた気分になった。

「スカイツリーができて、変わりましたか?」

「泪橋 大嶋屋提灯店」の村田修一さん(写真)に聞くと、「この辺りは全然」という答えがすぐに返ってきた。

「小学校時代の同級生も、今でも何人か近所に住んでいますし、あえて変わったといえば、外国人のバックパッカーが泪橋周辺のホテルに泊まるようになったことかな」

 大嶋屋は創業100年、修一さんで3代目。4代目が修業中だ。

「もとは道を挟んだ向かい側で営業していたんですが、大東亜戦争の時、防火のために道を広げるからと強制疎開になり、こっち側に移ってきた」

 江戸時代から提灯は「張る」と「書く」は分業だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る