• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

墨すり三年 書き八年 <泪橋>

 どこもかしこも再開発で、古き良き風景が失われていく。実に残念無念なのだが、南千住の泪橋に来て救われた気分になった。

「スカイツリーができて、変わりましたか?」

「泪橋 大嶋屋提灯店」の村田修一さん(写真)に聞くと、「この辺りは全然」という答えがすぐに返ってきた。

「小学校時代の同級生も、今でも何人か近所に住んでいますし、あえて変わったといえば、外国人のバックパッカーが泪橋周辺のホテルに泊まるようになったことかな」

 大嶋屋は創業100年、修一さんで3代目。4代目が修業中だ。

「もとは道を挟んだ向かい側で営業していたんですが、大東亜戦争の時、防火のために道を広げるからと強制疎開になり、こっち側に移ってきた」

 江戸時代から提灯は「張る」と「書く」は分業だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る