日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

墨すり三年 書き八年 <泪橋>

 どこもかしこも再開発で、古き良き風景が失われていく。実に残念無念なのだが、南千住の泪橋に来て救われた気分になった。

「スカイツリーができて、変わりましたか?」

「泪橋 大嶋屋提灯店」の村田修一さん(写真)に聞くと、「この辺りは全然」という答えがすぐに返ってきた。

「小学校時代の同級生も、今でも何人か近所に住んでいますし、あえて変わったといえば、外国人のバックパッカーが泪橋周辺のホテルに泊まるようになったことかな」

 大嶋屋は創業100年、修一さんで3代目。4代目が修業中だ。

「もとは道を挟んだ向かい側で営業していたんですが、大東亜戦争の時、防火のために道を広げるからと強制疎開になり、こっち側に移ってきた」

 江戸時代から提灯は「張る」と「書く」は分業だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事