墨すり三年 書き八年 <泪橋>

公開日: 更新日:

 どこもかしこも再開発で、古き良き風景が失われていく。実に残念無念なのだが、南千住の泪橋に来て救われた気分になった。

「スカイツリーができて、変わりましたか?」

「泪橋 大嶋屋提灯店」の村田修一さん(写真)に聞くと、「この辺りは全然」という答えがすぐに返ってきた。

「小学校時代の同級生も、今でも何人か近所に住んでいますし、あえて変わったといえば、外国人のバックパッカーが泪橋周辺のホテルに泊まるようになったことかな」

 大嶋屋は創業100年、修一さんで3代目。4代目が修業中だ。

「もとは道を挟んだ向かい側で営業していたんですが、大東亜戦争の時、防火のために道を広げるからと強制疎開になり、こっち側に移ってきた」

 江戸時代から提灯は「張る」と「書く」は分業だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る