<新御徒町・佐竹商店街>貴重な名車MVアグスタあり

公開日: 更新日:

「新御徒町駅近くの商店街は味がある。日本で2番目に古いそうですよ」と知人が勧めてくれた「佐竹商店街」。小雨の降る5時過ぎ、出かけてみた。薄暗い中、ぼんやり明かりがともり、確かに「味がある」。

 閉まっているシャッターとシャッターの合間に、個人経営の歴史を感じる店がある。江戸時代、ここは佐竹・秋田藩の上屋敷が置かれた場所で、佐竹商店街とはその名から来たものだ。廃藩置県後に上屋敷跡に店舗が軒を連ねるようになり、往時には見せ物小屋や寄席がひしめき合っていた。

「前は全部個人が経営する店だった。違う店に変わったり、店主が亡くなって店じまいしたり」

 洋品店「ベッシィ ロス」のオーナーが見せてくれた昔の商店街の地図では、店がびっしり。

「カメラを持った人が時々来てますよ。『シャッター商店街』とネットに入れると、ここが上位で出てくるんだってね。人は昼も夜もほとんど歩いていない。でもシャッター商店街と言うほどかな、この間見てみたら、シャッター閉めてるところはそれほどなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る