<新御徒町・佐竹商店街>貴重な名車MVアグスタあり

公開日: 更新日:

「新御徒町駅近くの商店街は味がある。日本で2番目に古いそうですよ」と知人が勧めてくれた「佐竹商店街」。小雨の降る5時過ぎ、出かけてみた。薄暗い中、ぼんやり明かりがともり、確かに「味がある」。

 閉まっているシャッターとシャッターの合間に、個人経営の歴史を感じる店がある。江戸時代、ここは佐竹・秋田藩の上屋敷が置かれた場所で、佐竹商店街とはその名から来たものだ。廃藩置県後に上屋敷跡に店舗が軒を連ねるようになり、往時には見せ物小屋や寄席がひしめき合っていた。

「前は全部個人が経営する店だった。違う店に変わったり、店主が亡くなって店じまいしたり」

 洋品店「ベッシィ ロス」のオーナーが見せてくれた昔の商店街の地図では、店がびっしり。

「カメラを持った人が時々来てますよ。『シャッター商店街』とネットに入れると、ここが上位で出てくるんだってね。人は昼も夜もほとんど歩いていない。でもシャッター商店街と言うほどかな、この間見てみたら、シャッター閉めてるところはそれほどなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る