<上野・アメ横>まるで香港の女人街

公開日:  更新日:

 新御徒町・佐竹商店街からアメ横まで歩いていくことにした。「昔はリーバイスやコンバースを買おうと思ったらアメ横しかなかったんだよ」「店によって値段も置いてある品も違うからひとつひとつ見ていかなくてはならなかった」「革ジャンとか、よそで買おうと思ったら10万円近くするものも、アメ横なら5万円くらいで売っていた」

 学生時代にアメ横に通い詰めていたカメラマンの話を聞きながら、着いたのは韓国料理屋が集まっている一角。大阪出身の私には、鶴橋の超ミニ版といった感じだ。

 お世辞にもきれいとは言えない店がゴチャッと固まり、細い通路が怪しい雰囲気を醸し出している。月曜日だからか、閑散としている……。

「どんどん店がなくなり、これだけになった。味も落ちたと聞くな」

 こんな声も聞いたことがある。しかし、雰囲気を味わうには最高。韓国の裏路地に入った気分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る