• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

せっかく見つけたいい店も…<練馬>

「学生時代、大学から近かったからよく行ったけど、何もないところだったよ」と、同行のカメラマン。

「練馬にいい飲み屋があるらしいから、今度の街歩きはそこにしましょう!」と声をかけた時だ。50代のオジサンになった彼にしてみれば、練馬のイメージはそんなものだろう。しかし西武池袋線の練馬駅前は、やけに賑やかだった。でっかいビルが立ち並び、チェーン店の看板がチッカチッカしている。ただし、住所が桜台に変わる辺りになると、いい具合に「こなれた」街に変わってきた。カメラマンが「そうそう、俺が来てた時はこんなふうだった」とうなずく。地名の由来となった桜はもうない。開発の名の下に次々と伐採されていったからだ。

 屋内釣り堀があった。建物の2階とは珍しい。残念ながら定休日(火曜日)。中をのぞきたかったが、当然ながら入れなくなっており、断念。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る