日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

せっかく見つけたいい店も…<練馬>

「学生時代、大学から近かったからよく行ったけど、何もないところだったよ」と、同行のカメラマン。

「練馬にいい飲み屋があるらしいから、今度の街歩きはそこにしましょう!」と声をかけた時だ。50代のオジサンになった彼にしてみれば、練馬のイメージはそんなものだろう。しかし西武池袋線の練馬駅前は、やけに賑やかだった。でっかいビルが立ち並び、チェーン店の看板がチッカチッカしている。ただし、住所が桜台に変わる辺りになると、いい具合に「こなれた」街に変わってきた。カメラマンが「そうそう、俺が来てた時はこんなふうだった」とうなずく。地名の由来となった桜はもうない。開発の名の下に次々と伐採されていったからだ。

 屋内釣り堀があった。建物の2階とは珍しい。残念ながら定休日(火曜日)。中をのぞきたかったが、当然ながら入れなくなっており、断念。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事