せっかく見つけたいい店も…<練馬>

公開日:  更新日:

「学生時代、大学から近かったからよく行ったけど、何もないところだったよ」と、同行のカメラマン。

「練馬にいい飲み屋があるらしいから、今度の街歩きはそこにしましょう!」と声をかけた時だ。50代のオジサンになった彼にしてみれば、練馬のイメージはそんなものだろう。しかし西武池袋線の練馬駅前は、やけに賑やかだった。でっかいビルが立ち並び、チェーン店の看板がチッカチッカしている。ただし、住所が桜台に変わる辺りになると、いい具合に「こなれた」街に変わってきた。カメラマンが「そうそう、俺が来てた時はこんなふうだった」とうなずく。地名の由来となった桜はもうない。開発の名の下に次々と伐採されていったからだ。

 屋内釣り堀があった。建物の2階とは珍しい。残念ながら定休日(火曜日)。中をのぞきたかったが、当然ながら入れなくなっており、断念。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る