せっかく見つけたいい店も…<練馬>

公開日: 更新日:

「学生時代、大学から近かったからよく行ったけど、何もないところだったよ」と、同行のカメラマン。

「練馬にいい飲み屋があるらしいから、今度の街歩きはそこにしましょう!」と声をかけた時だ。50代のオジサンになった彼にしてみれば、練馬のイメージはそんなものだろう。しかし西武池袋線の練馬駅前は、やけに賑やかだった。でっかいビルが立ち並び、チェーン店の看板がチッカチッカしている。ただし、住所が桜台に変わる辺りになると、いい具合に「こなれた」街に変わってきた。カメラマンが「そうそう、俺が来てた時はこんなふうだった」とうなずく。地名の由来となった桜はもうない。開発の名の下に次々と伐採されていったからだ。

 屋内釣り堀があった。建物の2階とは珍しい。残念ながら定休日(火曜日)。中をのぞきたかったが、当然ながら入れなくなっており、断念。

 この辺りで、目的の飲み屋へ。森進一ならぬ「とりしん一」。娘さんが名付けたのだとか。1本130円の肉汁たっぷりの串、デリシャス! 腹いっぱい食べてハイボール十数杯飲んだ私とカメラマン、隣り合わせた美男美女カップル、店主の酒をすべておごっても会計は8000円台である。

「いい店ですね」

 ところが店主によれば、この周辺は再開発が決まっていて、12月までの営業なのだとか。あぁ、ここも……。どうしていい場所がどんどんなくなっていくのかね。

【世田谷散歩人 和田町夫】

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感